受託分析

当社は、澱粉分析にかかる以下の受託分析を引き受けます。くわしくはこちらをご覧ください。

ご興味がある方は、「お問い合わせフォーム」などで、ご一報ください。ここにある項目以外の技術相談にも、可能な限り応じるつもりですので、同様にご一報ください。


1.FACE分析

アミロペクチンやグリコーゲンなどの分岐グルカンの分子構造の特徴を最も精密に調べる方法です。FACE (Fluorophore-assisted carbohydrate electrophoresis)法1)で、分岐グルカンをイソアミラーゼで枝切りし、生成した側鎖の鎖長分布(グルカンを構成する側鎖を、グルコース重合度ごとに分離し、それらの分子数の存在比率)を求める分析法です(図)。当社には、膨大なデータが蓄積しているので、グルカンの分子構造の特徴を精密に知ることが可能です。現在の技術で最も高いレベルのデータと考察が可能です。

(引用文献)
1O’Shea, M.G., Samuel, M.S., Konik, C.M., and Morell, M.K. (1998). Fluorophore-assisted carbohydrate electrophoresis (FACE) of oligosaccharides: Efficiency of labeling and high-resolution separation. Carbohydr. Res. 307, 1-12. pdf

イネアミロペクチンの鎖長分布図
図.イネアミロペクチンの鎖長分布図(図中の数字は、グルコース重合度を示す)。

2.ゲルろ過法クロマトグラフィー法(イソアミラーゼ分解物)

ゲルろ過法クロマトグラフィー法(イソアミラーゼ分解物)では枝切りした澱粉分子の全体像が把握できます。澱粉5~20mgから分析が可能です。正確な見かけのアミロース含量、アミロペクチンの短鎖と長鎖の比率を測定することができます。


3.ゲルろ過法クロマトグラフィー法(未分解澱粉)

ゲルろ過法クロマトグラフィー法(未分解澱粉)では未分解澱粉分子の全体像が把握できます。澱粉5~20mgから分析が可能です。イソアミラーゼ分解物の分析では差が出ないサンプルでも違いが検出されることがあります。


4.糖分析

糖分析では、HPLC-ELSD法で、グルコース、フルクトース、スクロース、マルトース、マルトトリオース等を分離し定量します(図)。

糖の分析
図.糖の分析(1, fructose; 2, glucose; 3, sucrose; 4, maltose; 5, maltotriose).使用カラム(UK-Amino); 溶媒(75% アセトニトリル); 温度(40℃); 溶出速度(0.2 ml/min)

5.MOS分析

マルトオリゴ糖(Malto-oligosaccharides, MOS)の分離と定量をFACE法で行います。

MOS分析
図.MOS分析(図中の数字は、グルコース重合度を示す。ただし、1, glucose; 2, maltose)。

6.澱粉調製

澱粉調製や定量を受託分析します。詳細は、「お問い合わせフォーム」などで、お問い合わせください。

7.レジスタントスターチ(RS:難消化性澱粉)値測定

メガザイムのRS Assay Kitを用いて、このキットのプロトコールに従い、グルコース定量のみスケールダウンして行います。

この方法は、AOAC Method 2002.02に登録された、国際的に認められた方法です。

おおまかな原理は、以下です。

RS値は、測定するサンプルの状態によって異なる値となります。例えば、米を使う場合も、炊飯米か、米粉かによって、同じ炊飯米でもすり潰すか、すり潰さないかで全く違う値となります。RS値は、摂取した場合、どの程度の機能性が得られるかの目安にもなりますので、測定にはなるべく、「食べる直前の状態のもの」を使用すべきです。

測定直前のサンプル調製が必要な場合は、ご相談ください。例えば、生米をお送りいただき、測定直前に炊飯してほしい、乾麺をお送りいただき、測定直前に茹でて測定してほしいなど、ご要望があれば、お知らせください(別料金をいただく場合があります)。

(株)スターチテックでは、サンプル調製から消化、分離、グルコース測定までを3反復し、その平均値と標準誤差を提供しますので、学会発表、学術論文、特許の明細書等で使用する際にも耐えうるデータとなります。

我々は様々なRS値が高い米の開発を行っており、RS値の測定には、豊富な経験がございます(下記文献参照)。お返ししたデータの解釈が不明な場合は、弊社の担当スタッフが経験に基づいて、コメントさせていただきますので遠慮なくお問い合わせください。

これまでRS値に関して発表された論文

  1. Tsuiki K, Fujisawa H, Itoh A, Sato M, Fujita N. (2016) Alterations of starch structure lead to increased resistant starch of steamed rice: Identification of high resistant starch rice lines. Journal of Cereal Science 68: 88-92.
  2. 藤田直子、保坂優子、阿部美里、新田陽佳、長谷部満、涌井徹 (2019) 難消化性澱粉(RS)を多く含む米の試験管内における機能性評価 秋田県立大学ウェブジャーナルB 6:107-111
  3. Miura S, Koyama N, Crofts N, Hosaka Y, Abe M, Fujita N (2021) Generation and starch characterization of non-transgenic BEI and BEIIb double mutant rice (Oryza sativa) with ultra-high level of resistant starch. RICE 14: 3.

8.澱粉含有量測定

作成中(しばらくお待ちください。)


9.澱粉分析のご相談(コンサルタント)

受託分析の結果のご質問、協議について、1回目は無料です。

2回目以降は有料(1時間)となりますので、お問い合わせください。

お問い合わせこちらからお願い致します。