受託分析

当社は、澱粉分析にかかる以下の受託分析を引き受けます。くわしくはこちらをご覧ください。

ご興味がある方は、「お問い合わせフォーム」などで、ご一報ください。ここにある項目以外の技術相談にも、可能な限り応じるつもりですので、同様にご一報ください。


1.FACE分析

アミロペクチンやグリコーゲンなどの分岐グルカンの分子構造の特徴を最も精密に調べる方法です。FACE (Fluorophore-assisted carbohydrate electrophoresis)法1)で、分岐グルカンをイソアミラーゼで枝切りし、生成した側鎖の鎖長分布(グルカンを構成する側鎖を、グルコース重合度ごとに分離し、それらの分子数の存在比率)を求める分析法です(図)。当社には、膨大なデータが蓄積しているので、グルカンの分子構造の特徴を精密に知ることが可能です。現在の技術で最も高いレベルのデータと考察が可能です。

(引用文献)
1O’Shea, M.G., Samuel, M.S., Konik, C.M., and Morell, M.K. (1998). Fluorophore-assisted carbohydrate electrophoresis (FACE) of oligosaccharides: Efficiency of labeling and high-resolution separation. Carbohydr. Res. 307, 1-12. pdf

イネアミロペクチンの鎖長分布図
図.イネアミロペクチンの鎖長分布図(図中の数字は、グルコース重合度を示す)。

2.ゲルろ過法クロマトグラフィー法(イソアミラーゼ分解物)

ゲルろ過法クロマトグラフィー法(イソアミラーゼ分解物)では枝切りした澱粉分子の全体像が把握できます。澱粉5~20mgから分析が可能です。正確な見かけのアミロース含量、アミロペクチンの短鎖と長鎖の比率を測定することができます。


3.ゲルろ過法クロマトグラフィー法(未分解澱粉)

ゲルろ過法クロマトグラフィー法(未分解澱粉)では未分解澱粉分子の全体像が把握できます。澱粉5~20mgから分析が可能です。イソアミラーゼ分解物の分析では差が出ないサンプルでも違いが検出されることがあります。


4.糖分析

糖分析では、HPLC-ELSD法で、グルコース、フルクトース、スクロース、マルトース、マルトトリオース等を分離し定量します(図)。

糖の分析
図.糖の分析(1, fructose; 2, glucose; 3, sucrose; 4, maltose; 5, maltotriose).使用カラム(UK-Amino); 溶媒(75% アセトニトリル); 温度(40℃); 溶出速度(0.2 ml/min)

5.MOS分析

マルトオリゴ糖(Malto-oligosaccharides, MOS)の分離と定量をFACE法で行います。

MOS分析
図.MOS分析(図中の数字は、グルコース重合度を示す。ただし、1, glucose; 2, maltose)。

6.澱粉調製

澱粉調製や定量を受託分析します。詳細は、「お問い合わせフォーム」などで、お問い合わせください。